RECOMMEND
believe in yourself
believe in yourself (JUGEMレビュー »)
小柳ゆき,宮本亜門,ポール・ジャバラ,チャーリー・スモールズ,森雪之丞,CHOKKAKU,上杉洋史
RECOMMEND
MacArthur Park/All At Once
MacArthur Park/All At Once (JUGEMレビュー »)
小柳ゆき,Jimmy Webb,Michael Masser,Jeffrey L. Osborne,Yuji Toriyama,北浦正尚
最近の色艶が出た小柳ゆき。これからブレイクすると感じますね
RECOMMEND
JIN-仁- DVD-BOX
JIN-仁- DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

橘映が脚気で病気になったときの、子供が毎日ドーナッツを持ち込んだときの回想シーンが、泣けてきます。これも正月にドラマとして初めて見入ってしまったもの。
RECOMMEND
JIN-仁- 完結編 DVD-BOX
JIN-仁- 完結編 DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

涙ものですよ。じっくりと見入ってしまった6時間でした。
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
J-WAVE
Big Bird Button
フェイクファー改め”はちみつ”(山川みよ)
フェイクファー改め”はちみつ”
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト |
ドコモ、非情の決断の先に
ソニーはいいとしても、サムソン韓国勢を優遇するのはいかがなものか。これでも貿易赤字を引き起こした、この2トップ。それだけ売れているのに、docomoからの離脱ユーザーは少なくならないという。



 端末選別、国内勢が離反 結果伴わずアップルに接近?
[有料会員限定]

 NTTドコモがソニーと韓国サムスン電子のスマートフォン(スマホ)2端末に集中する「ツートップ戦略」を採用してから、もうすぐ2カ月。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」への対抗策だったが、顧客獲得には期待したほどの結果が出ていない。国内携帯電話メーカーの間にはドコモの非情の決断に嘆きの声が広がり、「ドコモ離れ」の動きも出てきた。
サムスンとソニーの端末への販促費を手厚くした(東京都千代田区のドコモショップ)
サムスンとソニーの端末への販促費を手厚くした(東京都千代田区のドコモショップ)

 ドコモ本社と目と鼻の先の経済産業省。梅雨に入ったころからか、本館3階の商務情報政策局に、富士通やNEC、パナソニックなど国内メーカーの渉外担当幹部が顔色を変えて駆け込むようになった。

 「ソニーはともかく、サムスンを優位にするような戦略は許されるのでしょうか」

 ソニーの「エクスペリアA」とサムスンの「ギャラクシーS4」の2端末だけ、値下げ原資の販売促進費を手厚くするドコモへの不満を口にする担当者。通信行政をつかさどる総務省と協力してドコモに路線修正を働き掛けてくれるよう、懇願する者までいるという。

販売台数、明暗くっきり

 ドコモの加藤薫社長がツートップ戦略を発表したのは5月15日。残酷な結果はすぐに出た。6月末までのスマホ販売台数はソニーとサムスンの主力2機種で合計123万台に達したが、パナソニックとNECはそれぞれ1万5000台、1万台ほどにとどまったという。

 「サンプルも出したくない。ツートップは我々への絶縁状でしょ」。あるシェア下位のメーカーでは、新製品に関する事前情報を必要以上にドコモに伝える慣習をとりやめることを決めた。大手スーパーのブランドをつけた「PB(プライベートブランド)携帯」を売る計画を水面下で進める企業も出てきている。

 NECや富士通などと技術を育て、各社の端末にそれぞれの特色が出るようドコモが細かい仕様まで手取り足取り指導して繁栄を極めた「ドコモファミリー」と呼ぶ携帯ピラミッド。ところがiPhoneの登場で時代遅れになり、今や崩壊寸前だ。

 富士通が、官民ファンドの産業革新機構の下で再建中のルネサスエレクトロニクスとの携帯電話向け半導体の事業統合を検討したことがある。2社が力を結集すれば圧倒的なシェアを誇る米クアルコムに対抗できるのではないか、という計算が働いていた。

 しかし、機構は富士通の申し出を軽くあしらったという。ドコモの調達方針が国内優先に戻ることはないと読み「2社連合に勝算なし」と考えたのだ。基幹部品の開発から端末生産まで日本勢が一気通貫で手がけた「日の丸ケータイ」は完全に過去のものになってしまった。

 ドコモそのものは今も日本を代表する優良企業だ。しかし、もうここ数年は売上高も利益も横ばい。6年に及ぶ継続的な顧客流出にも見舞われている。スマホ時代を象徴するiPhoneを扱っておらず、2012年度には解約が新規契約を上回った月が2度もあった。iモードが大ヒットしていたころは6割の圧倒的シェアを誇っていたが、今や5割を切って、4割強がやっと。背中にソフトバンクとKDDIが迫る。

止まらぬ顧客流出

 現状打開のためのツートップ戦略だが、結果がついてこない。6月下旬、あるドコモ幹部が販売データを見ながら首をひねっていた。「期待したほど止まってはくれないなあ」。ツートップの端末は売れているのに、ドコモ全体で顧客流出が止まる気配がなかったからだ。

 実際、6月のドコモの契約件数は、新規契約から解約を差し引いた件数が5900件のマイナスとなり、5カ月ぶりの純減だった。今まで通り、iPhone抜きで再浮上を目指すのか。それとも、遅ればせながらアップルと手を組むのか。

 アップルは時計型の「iWatch(アイウオッチ)」、米グーグルはめがね型の「グーグル・グラス」といった新型端末の投入に動いているとされる。「21世紀のヒット商品」といえるiPhoneも、ピークは過ぎているのかもしれない。関係者によると、「ドコモとアップルの交渉では、NTTの特許開放などをアップル側が要求したこともあったが、今や焦点ではない。残る条件は数量だけになった」という。

 ファミリー解体につながる端末の選別は、ドコモの歴代社長が決してとらなかった選択肢だった。そんな非情の決断を就任1年で下した加藤社長を、次の決断が待っている。

(兼松雄一郎)

| マーケティング | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - ドコモ、非情の決断の先に |
わざわざ温泉までは行かなくなったからな
 昔ほど温泉街に執着しなくなった。日帰り温泉が近くに多くできて、タンクローリーで持ってくる万葉の湯もある。寂れた温泉街は、それこそ癒やしの空間かもしれないが、人がいない所こそ雑踏から逃れた温泉街の本当がある。しかし人が少なければ当然経営が圧迫されているはず。どんどんと安い海外旅行に奪われて、温泉街など行かなくなった。
| マーケティング | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - わざわざ温泉までは行かなくなったからな |
CES展示会の存在意義が薄れる
 アップルもマイクロソフトも、見本市にぶつける意味を強調しなくなった。インターネットの発展とともに、リアル見本市が不要に。不況の経済状態では、見本市に投資は効率的とは考えない。そんなところか。
| マーケティング | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - CES展示会の存在意義が薄れる |
wakuwakuどきどハチロク?!
 少し高めの設定になっていますが。
| マーケティング | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - wakuwakuどきどハチロク?! |
EDLPって知ってたか
EVERY DAY LOW PRICE
このことば、聞いたことはあるが、何だったんだろう!と思う。
6年前に西友を傘下に入れた米国ウォルマートの戦略のキーワードだ。
しかし、その大手でさえ、浸透の壁が厚いらしい。情報が伝わらない。違和感を持つ顧客。現場に疲弊感を待たせるまでに至っているようだ((日経MJ))。
情報が伝わらない、浸透しない 業界は違ってもマーケティングの難しさは、大手と変わらないんだと痛感した。
西友の20店舗の閉鎖…普通じゃないなぁ
自分も頑張らねば!!
前進あるのみ(^O^)
| マーケティング | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | はてなブックマーク - EDLPって知ってたか |
| 1/1PAGES |